強○一転無罪へ、なぜ私は冤罪に 72歳が国を提訴へ

10代女性への強○罪などで服役中に被害証言はうそと判明し、裁判のやり直しになった大阪府内の男性(72)が冤罪(えんざい)を見逃した責任は警察と検察、裁判所にあるとして、国と府に賠償を求める訴えを近く大阪地裁に起こす。逮捕から7年、男性は16日の再審判決でようやく無罪になる見通しだ。しかし、刑事司法のどこにどんな誤りがあったのかを正さなければ、この事件は終われないと思い定める。

 

男性は2004年と08年、当時10代の女性に自宅で性的暴行を加えたとする強制わいせつ1件と強○2件の罪に問われた。09年の大阪地裁判決で「醜悪極まりなく、齢(よわい)六十を超えた者の振る舞いとも思えぬ所業」とされ、懲役12年に。最高裁が11年に上告を退けて確定し、服役した。

 

だが昨年9月、弁護人が女性から「被害はうそ」と告白を受けて再審請求。大阪地検は当時の診療記録に「性的被害の痕跡はない」と書かれていたのを確認し、11月に男性を釈放した。今年8月に地裁で始まった再審公判で、検察側は「虚偽を見抜けず服役を余儀なくさせた」と謝罪し、自ら無罪判決を求めた。

 

男性は今回起こす国家賠償請求訴訟で、自宅に第三者がいる状況で被害を受けたとする女性の証言の不自然さや、自身の疾病で性行為は難しいといった説明が捜査段階の取り調べで考慮されなかったと主張する。さらに公判段階でも、冤罪を裏付ける証拠となった診療記録の取り寄せを弁護人が控訴後に求めたのに、検察は安易に「存在しない」と回答したと指摘。二審・大阪高裁も、当時の受診状況を確認するために求めた女性と母親への証人尋問を認めず、一審の一方的な判断を漫然と支持したと批判。予断を持たずに捜査と審理を尽くしていれば、冤罪は防げたと訴える。

 

弁護人の後藤貞人(さだと)弁護士は「性犯罪の被害者の証言を疑えということではない。真実を見抜く力など誰にもないからこそ、無実の訴えがあれば、できる限り調べるのが捜査機関や裁判所の務めだ」と指摘。「なぜ、それが尽くされなかったのか。訴訟で問題点を探り出し、冤罪防止につなげたい」と話す。

■「刑事も検事も取り合ってくれなかった」
男性は今月1日、朝日新聞の単独インタビューに初めて応じ、提訴を決めた心境を語った。
朝日新聞デジタル 10月15日(木)5時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151015-00000011-asahi-soci

 

 

 

「冤罪が明白な事件」と弁護人 専門家は「実体験に基づかない証言に矛盾点あるはず」
「冤罪(えんざい)が明白な事件。調べるべき証拠が調べられることなく有罪とされた」。
男性の弁護人を務めた後藤貞人弁護士は大阪市内で記者会見し、裁判所の事実認定のあり方を批判した。

 

後藤弁護士によると、被害を訴えた女性の関係者が捜査段階で「病院に行った」と証言。控訴審で診療記録の有無を問い合わせた弁護側に対し、検察側は「ない」と回答した。弁護側は関係者の証人出廷も求めたが、大阪高裁が却下した。控訴審判決は「少女が強○被害をでっち上げることは考えにくい」と年齢を理由に女性の証言を信用しており、後藤弁護士は「すべてが一方的な判断だった」と語気を強めた。

 

元最高検検事で中央大法科大学院の奥村丈二教授(刑事法)は「実体験に基づかない供述には必ず矛盾点がある。裁判所は論理則と経験則に基づき、真剣に供述の信用性を判断すべきだ」と話している。
2015.2.27 23:51更新 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/150227/wst1502270094-n1.html

 

 
>弁護士は「性犯罪の被害者の証言を疑えということではない。真実を見抜く力など誰にもないからこそ、無実の訴えがあれば、できる限り調べるのが捜査機関や裁判所の務めだ」

ほんとそう。誤認逮捕された冤罪被害者は、事件を起こしていないんだからやっていない、知らないとしか言いようがない(無実を訴えるしかない)。記憶にないことをどうやったと言うのか、否認、否定しか答えはない。だから捜査機関や裁判所はできる限り調べのが当たり前だと思う。大阪府警北堺署の誤認逮捕事件なんてどうよ、あれ弁護士がアリバイを証明したんですよ。
(※大阪府警北堺署の誤認逮捕事件の詳細は下へ)

捜査機関(警察、検察)にできなくて弁護士にできたんですよ。捜査機関は何をしてたんでしょうか。
弁護士にできることを捜査機関はできないのでしょうか。それともアリバイを証明した弁護士より捜査能力が劣るといことでしょうか。
アリバイ証明で明らかになった誤認逮捕・誤認起訴(刑事事件 弁護士 中村国際刑事法律事務所HP)

 

警察の杜撰な捜査によりあの誤認逮捕された男性会社員(42)は、なんと85日間拘束されたんですよ。で、取り調べで「汚れた手で子供の頭をなでてあげられるのか」「ずっと悪人でいくのか」といった暴言でしょ。
「チェック機能働かず」 検察や府警、戸惑いの声も 誤認逮捕 賠償命令(上山法律事務所 TOPICS)

きっとできる限り調べる気がなかったんでしょうね。仮にできる限り調べた結果、誤認逮捕とわかればえらいことですもんね。
それよりかは虚偽の自白を迫った方が楽ということでしょうか。違うと一貫して否認しているんだから、なぜ違うのか、自分達が逮捕した人間がもしかしたら犯人じゃないかもしれないという可能性の捜査はしないんでしょうか。

 


直後の給油者捜査せず 防犯カメラ時刻のズレ放置 犯人決めつけ

他人名義のカードを不正に使い、ガソリンスタンド(GS)で給油したとして、大阪府警北堺署が事件とは無関係の男性会社員(42)を窃盗容疑で誤認逮捕した問題で、現場のGSで男性の直後に給油した人物について、同署が確認捜査を行っていなかったことが20日、捜査関係者や男性側への取材で分かった。現場の防犯カメラの表示時間などに誤差があることは同署も把握していたが、男性を犯人と決めつけ、必要な裏付けを怠っていた。

関係者によると、堺市西区のセルフ式GSで盗難カードが使用されたのは、店側の販売記録などから1月13日午前5時39分ごろ。この時間帯に現場で給油した車両は男性の車のほかに、少なくとも車とミニバイク2台に上っていた。

ところが同署は防犯カメラの表示時間から男性を犯人と断定し、約5分後に給油した車と十数分後に来たミニバイクについて、販売記録を十分確認しなかったうえ、それぞれの運転手を特定する捜査を行っていなかったという。

男性の弁護人によると、防犯カメラの表示時間は実際の時刻と数分間の誤差があり、ずれを補正した場合に犯行時間の5時39分に給油したのは男性の直後に給油した車の人物だった。同署もこの人物が真犯人の可能性があるとみて、再捜査している。
2013.7.20 16:14更新 産経WEST

 

※2
大阪府警北堺署がガソリンの窃盗容疑で男性会社員(42)を誤認逮捕した問題で,大阪地検堺支部は29日,窃盗罪の起訴を取り消した。北堺署長は今後,男性側に謝罪する意向で,府警は経緯を検証し公表する方針。男性側は公開の法廷で検察側が無罪論告した上で無罪判決を求めていたが,同地検は「早期に訴訟手続きから解放するのが相当と判断した」と説明している。

府警によると,堺市北区の駐車場で1月中旬,車から給油カードが盗まれる事件が発生。北堺署は4月24日,カードを盗んだとして男性を窃盗容疑で逮捕した。地検堺支部は不起訴にしたが,同署は5月15日,カードを使って給油しガソリンを盗んだとして男性を再逮捕。堺支部は6月4日,同罪で起訴した。

男性は一貫して容疑を否認。ガソリンスタンドの防犯カメラの映像などが逮捕,起訴の有力証拠とされたが,男性の弁護人の指摘で,カメラの設定時刻と実際の時刻との間に「ずれ」があったことが発覚した。

アリバイが確認されたため,男性は公判期日が取り消され,今月17日に釈放された。拘束期間は85日に上った。
大阪地検の上野友慈次席検事は29日の記者会見で,担当した検察官らがカメラの設定時刻と実際の時刻との間に「ずれ」があることを認識していたのに,正確な時間を確認する作業を怠ったことを明らかにした。

上野次席検事は「捜査が不十分だった。もっと慎重にすべきだった。起訴して身体拘束し心よりおわび申し上げる。真摯に反省し,同じ事を繰り返さないよう努めたい」と謝罪した。
地検内部では,起訴を取り消さずに無罪論告することも検討されたが,上級庁とも協議の結果,「最初から無罪が分かっている人物を法廷に立たせるわけにはいかない」(検察幹部)との結論に至ったという。
2013年7月30日2時38分 日本経済新聞

 

 

 

※3大阪府警誤認逮捕、国と府に賠償命令 地裁判決

大阪地裁は15日、大阪府警北堺署と大阪地検堺支部に窃盗容疑で逮捕・起訴され、のちに無実と判明した男性会社員(44)=堺市=にずさんな捜査や85日間の身柄拘束で精神的苦痛を与えたとして、国と府に慰謝料など計約620万円の賠償を命じる判決を言い渡した。植屋伸一裁判長は「裏付け捜査を尽くさず、取り調べで人格を非難した」と述べ、逮捕・起訴はいずれも違法と判断した。

判決によると、2013年1月12日~13日に堺市内の駐車場で他人の車から給油カードを盗み、それを使って13日に市内のセルフ式給油所でガソリン24・8リットル(3479円分)を自分の車に給油して盗んだ疑いを男性はかけられた。

北堺署は、給油カードが使われた際の領収書の控えから犯行時刻を特定。給油所の防犯カメラ映像から、その時間帯に給油した男性を「容疑者」と判断した。署は13年4月にカード窃盗の疑いで逮捕し、5月にガソリン窃盗容疑で再逮捕。地検堺支部が6月、ガソリン窃盗の罪で起訴し、カード窃盗容疑は不起訴(嫌疑不十分)とした。

しかし、男性の車が犯行時刻の1分後、給油所から6・4キロ先の高速道路入り口を通過した履歴がETCカードに残り、給油所の防犯カメラは表示時刻が8分進んでいたといった新事実が弁護人の調査で判明。検察は同7月に起訴を取り消した。その後、男性の6分後に給油した男(41)が真犯人として逮捕・起訴され、実刑が確定した。
2015年6月15日20時39分 朝日新聞デジタル


 

 

>担当した検察官らがカメラの設定時刻と実際の時刻との間に「ずれ」があることを認識していたのに,正確な時間を確認する作業を怠ったことを明らかにした。

認識していたその「ずれ」をなぜ確認しない?逮捕してしまった後にその「ずれ」がわかったからもう後戻りはできなかったとか?「正確な時間を確認する作業を怠った」とあるんで作業自体をしてなかったんでしょうね。(本当ですかね)
当然、誤認逮捕した男性から取調室でその日の行動を聞いてるわけでしょう。(男性が言ったとしたら)男性が給油後高速道路に乗ったことを知ってるわけでしょう。ETCで入口を通過したことも知ってるわけでしょう。違うと否認しているんだから、ETCの記録を調べようとしなかったわけ?そのETCのアリバイを弁護士が証明できて最大の権力をもっている捜査機関ができなかった、しなかったんですかんらね~。全然、できる限り調べてないじゃないですか。

ごめんで済んだら警察いらん。

 

 

 

今回の強○冤罪事件だって、初めから弁護士の言う通りに病院のカルテを出せばよかっただけじゃないですか。
当然、捜査機関はカルテを押収してますよね?「性的被害の痕跡はない」とカルテにあるのに「カルテがない」とはどういうことでしょうか。
医者が「性的被害の痕跡はない」とカルテに書いてるんです。男性が強○していないという有力が証拠があるじゃないですか。
押収したのにカルテを出せば不利になると考え「ない」と言ったんですか。全くもって不可解意味不明です。
当たり前ですが押収してないわけないですよね。
とにかく押収した証拠を全て出せばこういった冤罪事件は防げるんじゃないですかね。
検察官手持証拠の事前開示に関する件(第三決議)(日本弁護士連合会)

全ての刑事事件における全面的証拠開示を求める決議(中部弁護士連合会)

>後藤弁護士によると、被害を訴えた女性の関係者が捜査段階で「病院に行った」と証言。控訴審で診療記録の有無を問い合わせた弁護側に対し、検察側は「ない」と回答した。

>大阪地検は当時の診療記録に「性的被害の痕跡はない」と書かれていたのを確認し、11月に男性を釈放した。

>二審・大阪高裁も、当時の受診状況を確認するために求めた女性と母親への証人尋問を認めず、一審の一方的な判断を漫然と支持したと批判。予断を持たずに捜査と審理を尽くしていれば、冤罪は防げたと訴える。