部下に銃口押しつけた高速隊の48歳警部補を送検「驚く顔が見たかった」 群馬県警

部下の体に拳銃の銃口を押しつけたなどとして群馬県警監察課は16日、銃刀法違反の疑いで、同県警高速隊の男性警部補(48)を書類送検したと発表した。県警は同日付で警部補に停職3月の懲戒処分を下し、警部補は依願退職した。

同課によると、警部補は平成25年12月~27年4月までの間、高速隊の拳銃庫内で、部下に対し銃口を向けたり、銃口を部下の腹部に押しつけるなどの不適切な行為をした。

銃口を押しつけられた部下は1人だったが、銃口を向けられた部下は計6人に上り、多い人で14-15回、少ない人で1回で合計30数回に及んだという。

警部補のこうした行為は勤務が始まる前の午前8時ごろ、拳銃を部下に手渡す際に行われ、警部補は監察課の調べに対し「部下とのコミュニケーションを深めるため」「驚く顔が見たかった」などと話したという。県警は警部補の行為のうち、銃口を押しつけた行為を悪質と判断し、16日に書類送検した。

一方、銃口を向けられた部下全員は警部補の行為を冗談の範疇(はんちゅう)だと捉えていたというが、銃口を人に向けることは拳銃の安全規則に反し、処分に踏み切った。県警は上司の高速隊長ら4人を口頭厳重注意とした。
産経新聞 10月16日(金)17時57分配信

 

 

※書類送検

書類送検(しょるいそうけん)とは、刑事手続において、司法警察員が被疑者を逮捕せず、または、逮捕後釈放した後に、被疑者の身柄を拘束することなく事件を検察官送致(送致、送検)することを指す、主に報道で用いられる用語である。書類送付と表現されることもある。

 

※依願退職
警察官の懲戒処分

不祥事を起こした警察官がかなりの高確率で依願退職する理由

警察官は痴漢をしても路頭に迷わない?|日々是口実-73