恐ろしいこったでやあ~。
この前の記事で書いたんですが、薬(睡眠導入剤)を飲まされて入院した被害者の先生以外にも、
会議中や入学・卒業式の途中で突然体調を崩したり、気を失ったりして病院に搬送されてた先生が複数いるんですって。
この前の記事「加美北小学校教員の不祥事

以下ニュース記事


大阪市立加美北小学校(同市平野区)の講師の女(60)が同僚の40代女性教諭に睡眠導入剤入りのシュークリームを食べさせた事件で、他にも複数の女性教諭が会議の途中にいきなり眠り始めるなど、突然の体調不良を経験していたことが15日、捜査関係者らへの取材で分かった。教諭らは原因不明の「眠り病」と呼んで恐れていたという。

捜査関係者によると、女が同小に着任した数年前から、数人の女性教諭が学年の会議や入学・卒業式の途中で突然体調を崩したり、気を失ったりして病院に搬送されていた。
講師の女は昨年6月1日、職員室での会議中に持参したシュークリームを配り、そのうち1個に睡眠導入剤「ブロチゾラム」を混入し、教諭に食べさせた容疑で大阪府警平野署が書類送検した。
導入剤は家族に処方された錠剤だった。
またこの教諭の靴や教科書に「ヤメロ」「バカ」と落書きした器物損壊容疑でも書類送検されている。

同校は産経新聞の取材に対し「会議中や式の途中に女性教諭ばかりが異様な症状で搬送されたという認識はない。個人の体調不良と考えていた」と説明している。
(産経新聞)

 

会議中、あるいは卒業式や入学式で突然、女性教諭が体調を崩す。
大阪市立加美北小(大阪市平野区)では数年前から異変が相次ぎ、教諭たちは、女性ばかりが襲われる原因不明の「眠り病」といって恐れていたという。

元同校教諭の女性(64)=京都市=は2005年4月下旬、学年会議中に突然、机に突っ伏し眠り始めた。
食べた直後の菓子を口からこぼしていた。病院に搬送され、目覚めたのは45時間後だった。
その2カ月後にも会議で菓子を食べた直後に倒れた。病院に運ばれ、「大量の睡眠導入剤を飲んだときの脳波だ」と言われたが薬を飲んだ覚えはない。自分の体調に異常があるのではと不安になったという。
(朝日新聞)

 

 

いや確かにまだ調べが進んでいないのか、この前の事件は誰がやったかわかりませんよ。
でも、たぶん決め付けはよくないですけど、今回の事件の加害者(音楽講師)ちゃいますん?
「女が同小に着任した数年前から~」ってあるんですから、怪しすぎでしょ。
今回もシュークリームに睡眠薬入れて眠らせてるし。

 

>食べた直後の菓子を口からこぼしていた。病院に搬送され、目覚めたのは45時間後だった。
その2カ月後にも会議で菓子を食べた直後に倒れた。病院に運ばれ、「大量の睡眠導入剤を飲んだときの脳波だ」

これ睡眠薬盛られてますて!医者も言ってるし2回とも学校でしょ。
家でも倒れたってんなら別ですが。
まだわかりませんが、本当に睡眠薬をお菓子とかに入れてたとしたら
これはもうテロですね。食品テロです。
こんな事件ありませんでした?ポットに毒物?かなんか入れたり。
そういえば中国の毒餃子事件なんかもありましたね。

 

シュークリーム入りの睡眠薬・・・あっ間違えた。
睡眠薬入りのシュークリーム食べさせた音楽講師は、
傷害と器物損壊の疑いで書類送検されて現在休職中みたいです。

警察の調べに対し、音楽講師は「教育の指導方法が違って職務不能にしようと思った。
邪魔で仕方なかった。うっとうしくてかわいげがなくて、学校からいなくなればいいと思った」と供述。
かわいげいる?職務不能て!指導方法もそりゃ違うでしょうに。
休職中みたいですけど、首にできないなら退職すべきなんじゃないですかね。